滋賀で注文住宅、新築一戸建て・リフォームをお考えなら、滋賀県東近江市の寺井工務店へ

インフォメーション

ごろんとお昼寝・・・畳の部屋はやっぱり落ち着きます。

今や住宅の床は完全にフローリング材が主流となっていますが、
若いご夫婦でも新築で家を建てる際に、
「ひと部屋は畳の部屋が欲しい」とご希望される方は意外と多いものです。
『ごろごろ出来る』『匂いが落ち着く』『温かみがある』『素足でも冷たくない』など、
畳にはフローリングにはない魅力が沢山あります。

今後、日本の住宅様式が以前のような畳中心の生活に戻る事はなかなか考えにくいですが、
だからと言って完全に需要が無くなると言う事もまだしばらくは考えにくい事ですね。

畳の原材料になるい草は、およそ8割から9割が熊本県で生産されています。
熊本は、昨年4月に震災で大きな被害を受けました。
そこで現在、全国の畳屋さんが協力し「畳を替えて熊本を応援しよう」キャンペーンを行っています。
熊本産の畳を買うと、抽選で熊本のい草農家さんが作ったお米かモチ米があたるというものです。
御自宅の畳替えをご検討されておられる方、ぜひお声がけ下さい。

健康畳協会のHPです⇩
http://kenkotatami.com/

インフォメーション